綺麗に咲かすための育て方や長持ちさせる方法を教えます

アジサイの基本的な育て方

ガーデン

アジサイを置き場所

アジサイの育て方として、置き場所は重要なポイントになります。適当なところに置いてしまうと、綺麗な花を咲かすことが困難なので注意が必要ですよ。基本的に日当たりが良いところや半日陰のところに置くのがベストになります。その際に西日が強いところに置くと葉が乾燥する恐れがあるので、気を付けましょう。

重要となる水やり

アジサイは乾燥に弱く水を好む植物となっています。育てやすい植物となっていますが、水やりに関しては注意して行なうことです。鉢植えでアジサイを育てる場合は、表面が乾いたと感じたらすぐに水やりをしましょう。水を上げる量も鉢から溢れ出るくらいに多く与えると良いですよ。乾燥に気を付けて、水やりをするのが育て方の基本になります。

肥料も与えよう

綺麗に花を咲かせたい場合は、肥料を与えてあげるのも良いです。肥料を上げる時期は冬と夏あたりがベストになります。肥料には色々な種類がありますが、冬に与える場合はアジサイは効果が長持ちする対応が適しています。一方で夏に与える肥料は、即効性タイプを上げるようにしましょう。このように、与える時期によって肥料も変えることを把握しておくことです。

下調べをして育てるのがポイント!

初心者でも育てることが出来るアジサイですが、やはり育てるにあたってきちんと育て方を確認することが大事でしょう。上記に記載されているポイントは基本となっているので、しっかりと守ることです。また、アジサイを綺麗に長持ちさせる方法も把握しておくと良いですよ。

アジサイを長持ちさせる4つの方法

土の配合を意識する

アジサイを長く楽しみたい場合は、使用する土の配合に意識しましょう。アジサイに使用する土は水はけが良いものを選ぶと良いですよ。赤玉土や鹿沼土などを配合するのがおすすめになります。そうすることで、アジサイに適した土が完成します。

アジサイに適した鉢を選ぶ

鉢で育てていくので、アジサイに適しているものを選ぶ必要があります。アジサイを育てる場合、鉢は横が深いタイプを選ぶと良いでしょう。しっかりと鉢を選ぶことで、元気に花が咲いて長い期間楽しむことが出来ますよ。

肥料を与える時期を守る

いつでも肥料を与えたら植物は元気に成長してくれると思っている方がいますが、それはあまり良くない方法です。植物の成長などを助けてくれる肥料ですが、与える時期を間違ってしまうと効果を発揮しないことがほとんどです。そのため、必ず適した時期に与えましょう。

切り花にする

アジサイの花を十分楽しむことが出来たら、次に咲くつぼみのことを考慮して切り花をしましょう。そうすることで、長くアジサイを楽しむことが出来るのです。なお、切り花にしてもアジサイは丈夫なので、室内に飾って楽しむことが可能となっています。

広告募集中