数ある品種の中から代表的なアジサイを見てみよう

アジサイにはどれほどの品種があるのか

アジサイは昔から品種改良などを頻繁に行なっており、現時点では世界各地で100種類以上も種類があると言われています。種類や品種によって色や花の形が異なるので、それもアジサイの魅力でしょう。そこで、アジサイの人気の種類などを調べてみると良いですよ。

色んな種類を確認する

園芸用品

ハイドランジア

よく見かけるアジサイの種類の中に、ハイドランジアがあります。この品種は日本原産となっていましたが、海外で品種改良されてまた日本に来た歴史があります。日本では青い色のハイドランジアが咲き、海外ではピンク色の花が咲きます。日本人がアジサイと聞いて、最もイメージしやすい種類でしょう。

ホンアジサイ

ハイドランジアと同じくらいの知名度がある種類のホンアジサイがあります。このホンアジサイも品種改良を行なって作られた種類となっています。手まり咲きと呼ばれる花の形をしており、多くの人が目にしたことがある見た目ですよ。日本には街中に多くのハイドランジアとホンアジサイが咲いています。

アナベル

アナベルは北米が原産となっている園芸用の品種です。毎回、真っ白い大きい花を咲かせることが特徴でしょう。アナベルは育て方のコツさえしっかり押さえておけば、ガーデニングに慣れていない方でも安心して育てることが出来ますよ。育てやすい、大きくて白い花が咲くことからアジサイの中でも人気の種類です。

てまりてまり

あまり聞きなれない品種名となりますが、小さな花びらがたくさん咲いているのが特徴です。非常に可愛らしい見た目のアジサイとなっていますよ。色はブルーやピンクの花を咲かせます。ピンクのてまりてまりは、母の日に贈る花束としても高い人気を集めています。このように、アジサイには色々な種類があるので、育て方を確認して、自分で育ててみましょう。

広告募集中